規則

第1条(約款の適用)

北武蔵カントリークラブ(以下[当ゴルフ場」といいます)を利用される方(会員・非会員を問わず)は、当クラブ会則、会則施行細則、ゴルフ心得集等による外、本約款に従ってご利用いただきます。

第2条(利用契約の成立)

当ゴルフ場においてプレーしようとする方は、当日フロントにおいて、所定の来場者カードに署名して下さい。それにより、当クラブは署名者の施設利用をお受けすることになります。ただし、利用引受後でも、第4条(利用の拒絶)を適用します。

第3条(利用の申込・予約金・違約金並びに料金の支払い)

プレーの予約申込み、予約金、違約金等については、当ゴルフ場所定の規定に従っていただきます。
1.プレーの申込みは、原則として土・白・祝日については、1ヵ月前の1日からプレー前日までの間に、平日については、プレー日の1ヵ月前の同日からプレー前日までの間の、午前9時から午後5時までゴルフ場予約係に申し込んで下さい。
2.予約書が偽名を使用して申込み、受付けした場合は、予約を取り消しさせていただきます。ただし、予約受付後でも第4条(利用の拒絶)を適用します。
3.利用者がいったんプレーを開始した場合には、その後プレーを任意に中止しても、理由の如何を問わず所定の料金をお支払い願います。

第4条(利用の拒絶)

当ゴルフ場は次の場合には利用をお断りするものとします。
1.満員でスタート時間に余裕がないとき
2.ビジターについては、メンバーの同伴または紹介等がないとき
3.暴力団等反社会勢力に所属していると認められるとき
4.暴力団等反社会勢力を同伴または紹介により入場させたとき
5.粗野な振る舞い等、他のお客様に不快な思いをさせる行為等や当ゴルフ場の業務遂行に支障をきたす行為等があった場合
6.法人でその役員のうちに暴力団等反社会勢力に属する者がいるとき
7.天災その他やむを得ない事情によりゴルフ場をクローズするとき
8.その他の理由により当ゴルフ場を利用されることが好ましくない事由があるとき

第5条(休業日・開場時間)

当ゴルフ場の休業日と開場時間は当ゴルフ場の定めるところによります。ただし、臨時的に変更することがあります。

第6条(スタート時間)

当ゴルフ場は、スター卜予定時刻30分前までに第2条の手続が終了しない時は、予定時刻にスター卜できないことがあります。

第7条(利用継続の拒絶)

当ゴルフ場は、次の場合には利用の継続をお断りするものとします。
1.暴力団等反社会勢力に所属していると認められるとき
2.暴力団等反社会勢力を同伴または紹介により入場させたとき
3.粗野な振る舞い等、他のお客機に不快な思いをさせる行為等や当ゴルフ場の業務遂行に支障をきたす行為等があった場合
4.法人でその役員のうちに暴力団等反社会勢力に属する者がいるとき
5.天災その他やむを得ない事情により施設の利用ができないとき
6.その他本約款に違反したとき

第8条(利用および利用継続の拒絶に対する免責)

当ゴルフ場は、前条の利用および利用継続の拒絶に係わる損害賠償の責任は負いません。

第9条(金銭その他貴重品)

当ゴルフ場ではフロント前、および脱衣室(入浴中ご利用下さい)に設置してある暗証番号方式および施錠方式の貴重品ボックスを下記によりご利用下さい。
1.ご利用時間は、ゴルフ場の開場時間から閉場時間までとなります。
2.利用方法については貴重品ボックスの上に掲示してあります。
3.鍵のかけ忘れ、紛失には十分注意して下さい。
鍵を紛失した場合錠前の実費を申し受けます。
4.鍵の紛失又は暗証番号忘れ等(扉番号)の場合には所定の様式に記入しフロン卜に提出して下さい。
5.ご利用時間中はお客様の所有と同等であり、収容物に関しては、お客様の責任において管理していただきます。従ってボックス内の保管品については、当ゴルフ場は一切の責任は負いません。

第10条(携帯品・自動車)

携帯品や駐車場の自動車(車内の金品を含む)につきましても、紛失、盗難又は毀損の責任を負いかねます。

第11条(ロッカーの鍵)

ロッカーの鍵は当ゴルフ場でお預りしますが、当ゴルフ場ではロッカー施設をお貸ししているにすぎませんので、ロッカー収容品については責任を負いません。

第12条(プレーヤーの危険防止責任とエチケットマナーの厳守)

ゴルフは時により危険を伴う場合がありますので、プレーヤーはエチケット・マナーを守り、キャディのアドバイスの如何にかかわらず自己の責任でプレーしていただきます。

第13条(プレー進行について)

プレー進行には充分注意し、前の組みとの間隔をあけ過ぎないようにして下さい。

第14条(ティグランドにおける素振り)

素振りは、ティマーク内の打席または特に指定された場所以外ではなさらないで下さい。プレーヤーは打順以外の方は、テイグランドに立ち入らないで下さい。

第15条(飛距離の確認)

先行組に対しては、後続組の打者はキャディのアドバイス如何にかかわらず、自己の飛距離を自分で判断して先行組に打ち込まないよう打球して下さい。

第16条(フォアキャディの合図)

フォアキャディの合図は、先行組が通常第2打を打ち終り通常の飛距離外に前進したと判断される時の合図でありますから、合図があっても打者は自己の飛距離を自分で判断して下さい。

第17条(打者の前方に出ないこと)

同伴プレーヤーは打者の前方には絶対に出ないで下さい。
打者の前方に出た結果の事故、その他プレーヤー同士の打球によって生じた事故については、プレーヤー間において解決していただくこととし、当ゴルフ場は一切の責任を負いません。

第18条(隣接ホールへの打込み)

隣接ホールへの打ち込みは特に危険ですから、プレーヤーは自己の飛距離、飛行方向について適切に判断し慎重に打球して下さい。隣接ホールに打ち込んだ場合には、そのホールのプレーヤーに合図をし邪魔にならないよう打球するとともに、自己の同伴プレーヤーにも充分気をつけて打球して下さい。

第19条(退避および退避所)

後続組に対して打球させるときは、先行組のプレーヤーは、後続組の打者が打ち終るまで安全な場所に退避して下さい。
退避所の設けてあるホールでは、後続組が打ち終るまで必ず退避所内に退避して下さい。

第20条(ホールアウト後の退去)

ホール・アウ卜した場合は、直ちにグリーンを去り後続組の打球に対し安全な場所を通り、次のホールヘ進んで下さい。

第21条(雷鳴、地震があった場合)

1.雷鳴があった場合には直ちにプレーを中止し、退避場所等安全と思われる場所に退避して下さい。(退避場所については「避雷の心得」(フロン卜にあります)をご覧下さい。
2.当ゴルフ場は、地震による責任を負いません。地震があった場合は、直ちにプレーを中止して、斜面の崩壊や橋梁その他工作物の損壊に注意して下さい。

第22条(乗用カートの利用)

乗用力一卜は、自動車運転免許取得者で運転方法をマスターしている方が運転して下さい。また運転者および同乗者は、別に定める注意事項等を遵守して下さい。乗用力一トに故障等のおそれがある場合は、直ちに係員に申し出るようにお願いします。
万一、乗用力一卜の使用に伴い事故が生じた場合には、当ゴルフ場は一切責任を負いません。

第23条(急患)

プレーヤーは、自身の健康状態については、常に充分配慮して下さい。
急患(受傷も含む)の場合、できる限りの努力をいたしますが、結果については責任を負うことができません。

第24条(火気使用の禁止)

コース内やクラブハウス内の火気使用は所定場所以外は厳禁します。マッチの燃えがら、煙草の吸いがらは必ずよく消して灰皿にお入れ下さい。特に、コース内でのマッチの使用については厳禁します。

第25条(違背の場合の責任)

利用者が第12条、第14条、第15条、第16条、第17条、および第18条に違背し、第三者に傷害等の事故を発生させた場合、第12条、第14条、第17条、第19条、第20条、および第21条に違背し、自ら傷害等の被害を受けた場合は、当ゴルフ場は一切損害賠償等の責任を負いません。

第26条(許可された見学者)

許可された見学者が傷害等の被害を受けた場合、当ゴルフ場は一切損害賠償等の責任は負いません。

第27条(宅配便の取級い)

宅配便によるゴルフバッグ等のお取扱いはいたしますが、取扱品の被害については、当ゴルフ場は一切損害賠償等の責任は負いません。

第28条(プレー終了後のクラブの確認)

利用者がプレーを終了した場合は、クラブを点検し、間違いがないか慎重に確認して下さい。 確認後は、クラブの不足、瑕疵等について、当ゴルフ場は責任を負いませんので、ゴルフ場退場の際、ご確認願います。

第29条(施設に損害を与えた場合)

利用者の故意または過失により、当ゴルフ場の施設(植木等を含む)並びに乗用力一卜、その他備品に損害を与えた場合は、その損害額を支払っていただきます。

第30条(施設により損害または傷害を受けた場合)

利用者が施設で、利用者の故意または過失により、損害あるいは傷害を受けた場合、当ゴルフ場は一切損害賠償等の責任は負いません。

第31条(施設内への持込品)

施設内に下記のものを持ち込むことをお断りいたします。
1.動物のペット類
2.著しく悪臭を放つもの
3.鉄砲刀剣類
4.発火・爆発のおそれのあるもの
5.騒音を発するもの

第32条(行為の禁止)

施設内で下記の行為はお断りいたします。
1.とばく、その他風紀をみだす行為
2.物品販売、宣伝広告等の行為
3.利用者以外のコース内立入り(特に許可する場合は除く)
4.他人に迷惑を及ぼし、または不快感を与える行為

第33条(個人情報)

プレーのご予約およびご利用いただいた方に対し、当ゴルフ場のイベント情報や営業案内等をダイレクトメール・FAXもしくはEメール等で提供する場合があります。

以上
(平成18年12月1日)

乗用カート利用約款

第1条(本約款の目的)

この約款は、本クラブ乗用力一ト(以下「力一卜」と称します)の利用に対する基準を定め、もって、施設利用者及び施設就業者等の安全、並びに施設の保全を図り、かつ施設利用の充実を期すことを目的とします。

第2条(本基準の遵守)

力一トの運転者(以下「運転者」と称します)及び当該力一卜の同乗者(以下「同乗者」と称し、運転者及び同乗者を総称して「利用者」と称します)は、力一ト利用に関し、この約款を遵守する義務を負います。
キャデイ付プレー・セルフプレーにかかわらず全て利用者が遵守する義務を負います。

第3条(運転等の制限)

カートは、ゴルフ場施設外で、利用運行することができません。

第4条(運転者の資絡)

1.運転者は、運転免許の有資格者に限ります。
2.次の事由ある方は、運転者となることができません。
(イ)運転免許に条件が付されている場合に、当該条件を満たしていない方。
(口)酩酊、その他の事由により、正常な運転が困難な方。

第5条(運行責任者)

力一卜の移動又は停止、同乗者の乗り降リ、その他の力一卜運行に関する事項は、係員が特に指示した事項を除き、運転者(運転者が複数の場合は運転担当者・以下同様)の責任において、これを行って下さい。

第6条(走行場所)

1.力一トは、所定の力一ト道路及びゴルフ場が予め定めた場所以外では走行しないで下さい。
2.止むを得ない事情により定められた場所を走行する場合は、他の利用者を同乗させないで下さい。

第7条(運転中の注意)

運転者は、力一卜の運転に際しては、次の事項を遵守して下さい。
1.走行開始の際の注意事項
(イ)運転の開始に際しては、必ずブレーキ、その他の装置が正常に作動することを確認して下さい。
(ロ)発進は、必ず他の利用者が着座したことを確認した上で、行って下さい。
2.走行の際の注意事項
(イ)力一卜用通路の走行に際し、走行法等(走行方向・一旦停止等)の表示があるときは、これに従って運転して下さい。
(ロ)起伏ある場所、上下勾配の場所、曲折した場所を通行する場合には、予め減速のうえ、低速で走行し、かつ必要に応じて、他の利用者に声をかけるなどして、注意を促して下さい。
3.停車等の際の注意事項
(イ)力一トは、斜面その他の不安定な場所、あるいは打球が当たる可能性のある場所には、停車又は駐車させないで下さい。
(口)力一トを離れるときは、必ず他の利用者の降車を確認のうえ、駐車装置(パーキングブレーキ・フットブレーキ)を確実にかけて下さい。

第8条(同乗者等の注意事項)

運転者以外の利用者は、カートの利用に際し、次の事項を遵守して下さい。
1.力一トの走行装置(電源・駆動・ハンドル・停止、駐車装置等)には、手を触れないで下さい。
2.カートの走行中は、必ず把持部分(アームレス卜・アシス卜グリップ等)に掴まって下さい。
3.力一卜走行中は、カートから身体・衣服・用具等がはみ出さないよう留意して下さい。
4.力一卜への乗車は、力一トの定員を守って下さい。

第9条(貴重品及び携帯品等の責任)

ゴルフ用品を含む携帯品及び携帯品の管理は自己責任となります。破損、盗難等が発生した場合、当クラブは責任を負いかねます。

第10条(事故の場合の責任等)

1.運転者は、力一卜の運行に関し、故意又は過失により、人身に危害を及ぼし、あるいは施設(カート、その他の施設内の物品を含む)に損傷を及ぼす事故(以下「力一卜事故」という)を生じた場合には、被害者の治療費等の補償及び施設の損害等を賠償して頂きます。
2.運転操作者以外の利用者が、故意又は過失により力一ト事故を起こし、又は事故を誘発した場合は、被害者に対し、本人個人若しくは本人と運転操作者が連帯して当該事故で生じた治療費等の補償並びに損害を賠償して頂きます。
3.運転操作者以外の利用者が、力一卜事故の被害者となった場合は、当該利用者に本約款に違反する行為があった場合には、その損害賠償請求の全部又は一部が過失相殺により免責されることがあります。

第11条(約款の改定)

1.本約款は必要に応じて、会社の承認を得て改定します。
2.この約款の改定の効力は、前項の公示を開始したときに、その効力を生じます。