北武蔵カントリークラブでは、個人を識別しうる情報(以下「個人情報」といいます。)
を適切に保護することが社会的責務であり、相談活動において必要不可欠と考え、
次の取り組みを推進いたします。
 
1.
本機構は、管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めるほか、スタッフ に対して個人情報保護を周知徹底します。
   
2.
本機構は、合理的な技術的方策をとることにより、個人情報への不正な侵入、個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどの危険防止に努めます。
   
3.
本機構は、個人情報を取り扱う事業の目的を達成するために必要な範囲内で正確かつ最新の状態に保つとともに、保有する必要がなくなった個人情報は確実かつ速やかに廃棄いたします。
   
4.
本機構は、個人情報を正当な理由のあるときを除き、業務の委託先および提携先、ならびに本機構の関連業務の承継先を含めた第三者には提供いたしません。
   
5.
本機構は、個人情報を第三者に提供する場合は、特段の事情のない限り、義務付けの方法などにより、その第三者からの漏えい・再提供の防止などを図ります。
   
6.
本機構は、個人情報の提供をお願いする場合は、必要最小限とし、その収集目的、本会が個人情報を提供する第三者の範囲、本機構対応窓口などを原則としてお知らせいたします。
   
7.
本機構は、(1)思想、信仰、信条その他の心身に関する個人情報(2)社会的差別の原因となるおそれのある個人情報については、相談の目的達成に必要な場合を除いて、原則として収集せず、収集した場合であっても個人の権利利益を侵害することがないように特に慎重に取り扱います。
   
8.
本機構は、会員等が個人情報の確認、訂正、削除などを希望される場合は、迅速かつ適切に対応いたします。
   
9.
本機構は、個人情報の取扱について苦情があったときは、迅速かつ適切に処理いたします。 
   
10.   
本機構は、会員等の個人情報の保護に関係する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を継続的に見直し、その改善に努めます